TOP>あいさつ

あいさつ

主将 小林

 どーもこんにちは!2018年度主将のコバヤシです。このページを見て下さっているということは少なくともトライアスロン部に興味をお持ちなんだと思います。  でも「トライアスロンってつらいんでしょ?」「完走なんて絶対無理」って思ってるそこのあなた、それは大きな勘違いです!確かに辛い時もあるかもしれませんが大会に出れば95%以上の人が完走しています!しかもその達成感は何にも代え難いはずです。  「トライアスロン部だから練習もめっちゃきつそう・・・週どれ位出席しないといけないんですか?」なんと全体では週一回だけの練習だから気軽に始められます。毎日練習するのも全体練だけ出るのも個人の自由!みんながそれぞれの目標に向かってそれぞれの生活スタイルで活動に取り組んでいます。  他大との交流も行っており、トライアスロンを通じて親交を深める事もできます。大会での交流だけでなく合同練も開催しているため、友達を多方面に増やす事ができ、大きな人生のヒントを得られる事まちがいなしです!  
そして、ここからがとーっても大事なのでよく読んで下さい。全体練をより充実したものにするために、マネージャーを募集しています!タイム計測や水分補給の手伝いをして、あなたの手でトライアスロン部を活性化させて下さい!週一回だけの活動だから他の事に打ち込みながらでも十分できると思います。  とにかく、大学に入って何か人に誇れる事を成し遂げてみたいなと思ったら、トライアスロン部の扉をたたいてみて下さい!絶対に損はさせません!
主務 後野

こんにちは!主務の後野です。トライアスロンを始めて早二年。その魅力にすっかりはまってしまっています。 皆さんは“トライアスロン”と聞いて一体何を思うでしょうか。大半の人が「過酷」という言葉を連想するのではないかと思います。正直これは結構正しいイメージです汗 練習も大会も、競技の性格上ツラいことが多いです。しかし、その苦しい時間を乗り越えた時の達成感は計り知れないものがあります。また、一回り強くなった自分を感じることができ、すごくチャレンジングなスポーツです。 一方で、“トライアスロン”という競技に対する敷居が高いと感じる人もいるかもしれません。しかし、それは誤解です。トライアスロンはスイム、バイク、ランの三種目で成り立っていますが、どれも手軽に始められます。練習した分だけ上達でき、帰宅部出身でインカレに出場した先輩もいたりします。 最後に、この部は個人個人が目標を立て、それに向かって活動しています。競技志向から運動不足解消まで、、、また、互いにその姿勢を尊重しつつ、時にライバルとして切磋琢磨しています。そんなメンバーの一人として、一緒にトライアスロンやってみませんか? 何かピンとくるものがあれば、是非是非部室に来てみて下さい。


東京工業大学トライアスロン部

我々、東京工業大学トライアスロン部は現在学部2+3年生5人、4年生以上16人で活動しています。 活動は週1回の全体練習と、時間のあるもの同士が声を掛け合って行う個人練習、そして様々なレースへの 参加です。自分の目標を部員がそれぞれ定め、そこに向かってマイペースに練習しています。
インカレ予選には多数の部員が出場し、毎年予選通過者を出しています。また、伝統的に数多くの アイアンマンを輩出しています。

チームバイクジャージ チームバイクジャージ
東工大トライアスロン部 チームバイクジャージ